Top > 葉酸サプリ > 葉酸は熱に弱い?

葉酸は熱に弱い?

妊娠をきっかけに産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。

 

葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。

 

実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。

 

葉酸は熱に弱く分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、葉酸摂取の計画を立てましょう。

 

「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性がやるものだという印象が強いかと思います。

 

ですが、男性側にも実践していただきたい妊活があります。

 

それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は女性の問題ばかりでなく、男性側の問題だというケースもあります。

 

中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。

 

葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。そのため、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。

 

皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。しかし、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。

 

葉酸には、細胞分裂を促す働きがある事が分かっていますから、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになるという研究結果が報告されました。

 

こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。

 

葉酸は無添加で選ぶ?人気のサプリランキングとは?

 

葉酸サプリ

関連エントリー
葉酸は胎児が先天的異常を発症するリスクを低減します。葉酸は熱に弱い?葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素です!葉酸は健康的な精子の増加を助けてくれます。妊娠につながる対策とは?妊娠につながる対策とは?妊娠初期に葉酸を積極的に摂る!葉酸が持つ効果としては?女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分について!葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっている!